「お父様、お母様、お兄様……」



エドアルド様に求婚のお返事をした翌日、私は両親とお兄様に話があると時間を取ってもらった。



「シェリー? どうしたんだい?」



お兄様がなかなか言い出さない私を見て心配そうな顔をしている。

自分から言い出すのはなかなか恥ずかしいものだ。だけど、報告しない訳にはいかない。



「エドアルド様からの求婚ですが──、お引き受けしようと思います」


「まぁ! やっぱりそうなったのね」


「エドアルド様なら安心だな」



お母様とお父様は嬉しそうだ。

あれ? お兄様……? なぜか固まっている。



「お、お兄様?」


「わ、私はそんな話聞いていない!」



お兄様はプルプルと震えながら私に訴えかけてきた。



「シェリー、どうして……どうしてなんだ! ずっと家にいるのではなかったのか?」



私だって初めはそのつもりだった。

けれど、エドアルド様の事が好きになってしまった。そして、結婚しても今まで通りの生活を続けられる。