一年の準備期間を過ごしてから、私とエドアルド様は結婚式をあげた。

そして、今日から一緒に住むことになる。

私は新居でエドアルド様の帰りをドキドキしながら待っていた。



「シェリーお嬢様。少し落ち着きましょう」


「だって、だってソフィア!」



ちなみに、ソフィアは結婚してからもお世話しますと着いてきてくれたのだ。


落ち着きましょうと言われても、この後起こることを考えたら、それだけで心臓が破裂しそうなほどの脈を打つ。

私は既に薄い水色のネグリジェに着替えてあり、後はエドアルド様の帰りを待つだけだった。

今夜は私とエドアルド様の初夜になる。

だから、きっと甘い夜を過ごすはずだ。



「あぁ……どうしよう!」


「どうしたんですか? シェリー?」


「っ⁉」



突然聞こえてきたエドアルド様の声に私は飛び上がった。

部屋の中を見ると、ソフィアはいつの間にかいなくなっていて、ドアのところにエドアルド様がいる。



「え、エド様⁉」