雪は父と兄に大切に守られ、何不自由なく暮らしている。

家業が何かも、幼い日に離れで聞いた笑い声の正体も知らないまま。
今日も二人の愛の言葉を聞いて眠りにつく。

目次

この作品のキーワード
現代  家族  狂愛  監禁  犯罪者