<更新料問題に対応する>

休みの日の午後、
綺麗は実家の母親に、電話をしていた。

「だからさぁ、お母ちゃん、
家のリフォーム代金で50万貸したじゃん

そんでさ、今度ここのマンションの更新料、
こっちも払わなくちゃならない
わけ。」

途中で、いらだたしげに大声を
上げると、

「今さら、そんな大金ないよ」
母が平然と(のたま)う。

ふーーむ

綺麗はうなった。

綺麗は一人っ子で、
実家は昭和の一軒家で庭付きだ。

一人暮らしの母が高齢になるのを考え、お風呂とトイレ、台所を
リフォームしようと言い出したのは、綺麗であった。

母は先の同居も考えて、
支払いをするつもりがないのだ。

生命保険解約してよ・・
と、言いかけたがやめた。

葬式だって金がかかるのだ。
「わかった・・なんとかする」

綺麗は電話を切り、
すぐに高梨にラインで連絡を
取った。

<金に困っている。>

<家賃と更新料が支払い無理なので、土日に何か単発のバイトが
あったら、紹介してくれ>

高梨は顔が広い。

すぐに返事が来た。
<バイトより短期間だけ、
ルームシェアして、家賃取るのはどうか?>

その提案に、
綺麗は折り返しの電話をした。

「もしもし高梨ぃ?

誰か適当な人、あてがある?
もしいい人なら、その話乗りたい」

7日間フルで働くのは・・・
自分の体力に、そこまでは
自信がない。