(今の段階で、方向転換できてよかったわ)

 基本構想は、まだぺらり一枚の見栄えのいい絵とテーマがあるだけだ。それが具体的になってきたら、基本計画に移り、基本設計、実施計画、実施設計、施工になる。
 当たり前だけど、先に進むほど、変更は難しくなる。
 
 打ち合わせの帰り際、笹本さんが笑いながら言った。

「実はこのプロジェクトに母が猛反対していてな、『あの別荘と同じ間違いを犯す気か?』って言うから、そのまま君たちにぶつけてみたんだ」

 進藤と私は顔を見合わせた。
 お母さんは地元の商工会議所のオブザーバーで、なかなかの影響力がある。
 笹本さんとお母さんに反対されていたら、このプロジェクトは大揉めに揉めただろう。
 ほっと胸を撫でおろした。

「正解にたどり着けてよかったです。で、あの別荘
どうします?」
「教訓のためにもうしばらく持っていようかな」

 進藤の質問に、笹本さんは苦笑して答えた。