花屋で働く美花は、よく花束を買いに来る名も知らぬ彼のことがずっと気になっていた

「とても大切な人にあげたいんです」

そう、彼には大切な人がいる…

しかし、彼の大切な人のためなら…と、心を込めて花束を作る美花であった

切ない片想いの行方は…?


美花
花屋で働く少女

名も知らぬ彼
いつも美花の働く花屋へ花束を買いに来る

あらすじ

花屋で働く少女は、大切な人のためにいつも花束を買いに来る青年に淡い恋心を抱いて切なくなるが…

この作品のキーワード
片想い  短編  花屋  爽やかな青年  すれ違い  別離