…あの日から、何回もすずについて行って階段を登っても一度も会えていない。

……会いたい。

「しおりん。」

「ん?」

すずがにやけて言った。

「…恋、したんでしょ?」

「へっ…そんなに分かりやすい?」

「うん!」

「そっか、じゃあ話す」

「よぉし」

そして、階段のこと、全然会えてないってこと、何も知らないことを伝えた。


「ほうほう、すずも協力するっ」

「え、まじ!?」

すずは頷いてくれた。

素直に嬉しい。