「――残念、時間切れだ」


彼が私から離れた瞬間、エレベーターの扉が開く。


「副社長、倉戸様を困らせていませんか?」


呆れたような関さんの声に、彼が肩を竦める。


「心外だな。真剣に気持ちを伝えていただけだ」


「あの……本日はご訪問くださりありがとうございました」


話しかけると、彼はふわりと相好を崩す。

そんな上司の姿に、訳知り顔の関さんが口を開く。


「結婚を了承してくださった倉戸様の様子が大変気になられたようで、副社長は今朝すべての予定を突如変更してこちらに伺われました。このように強引な真似をなさったのは初めてで驚きました」


「え……」


「関!」


鋭い彼の声に怯みもせず、関さんは柔和な微笑みを浮かべる。


「差し出がましい真似をいたしまして申し訳ありません。ですが副社長のお気持ちを少しお伝えしたかったので」


「……いえ、ありがとうございます」


「沙也、それじゃあな」


ぽん、と私の頭を軽く撫でた彼が踵を返す。

後を追う関さんに一礼をして、私は彼の背中を見送った。

胸の奥の鼓動だけが、静かな駐車場にうるさく響き渡っていた。