*º楽斗side.


「……やけにおせーな」


時刻は六時を回ろうとしている。


稲葉から連絡は無く、遠くに見える筒井の席は空席だ。


遅くなるとは言っていたけど、さすがに連絡のひとつも無いと心配になってくる。


長丁場とはいえ、途中に休憩くらい挟まないのか。というかそもそも、安易に二人きりになって欲しくないから、係での活動なんてのは反対なんだよ俺は。


だけどそんな子供じみたことを本人に言うわけにもいかず、せめて警戒心はしっかり持てと、そう普段から言っているつもりではあるのだが。


「……」


キーボードを叩いていた手が止まる。


駄目だ、集中出来ねえ。


俺はため息をついて開いていたファイルを閉じると、各会議室の予約表を開いた。


そこから、筒井の名前で半日予約が取られている部屋を見つける。


「ここか……」


本当は邪魔したくないけど。


少し。少しだけ、様子を見るだけだ。