私に触れるその手は、様々な方法で、私に愛を伝えてくれる。



時には優しく。

時には暴力的に。



私はそんな彼の愛に、応えるだけ。彼の手を、握り続けるだけ。



──なのに。



私と慶太を邪魔するように割って入ってきたその手は、とても情熱的で、ただひたすらに優しくて。




私を誘惑する、甘い蜜のようだった。




            ─彼の愛─