中庭に咲いていた桜も、今はすっかり新緑の葉っぱに早変わり。

5月に入ると、少しずつ暑さが日に日に増して行く今日この頃。


日直の仕事を終えた私、楠木瑠衣(くすのきるい)。今年高校に入学したばかりのピカピカの1年生。


帰り支度を済ませて昇降口に向かう途中、廊下の窓から中庭に倒れている人影が見えた。


「……どうしたんだろう」


全然動かないけど、体調でも悪いのかな……。でも体調悪かったらあんなところで寝たりしないよね。


「あっ……男の子だ」


ううっ、私、男の子としゃべるの緊張しちゃうんだよね……。どうしよう、先生呼んでこようかな。


でも、職員室に行ってる間になにかあったら大変だよね……


窓の外が気になって仕方がない。


「……が、がんばれ私……!」


心配になり急いで昇降口でローファーに履き替えると、中庭へ向かった。


「あ、あのぅ、大丈夫ですか?」


恐る恐る声をかけてみるけど、全然ビクともしない。