「なんで私が進藤くんと日直なの?」


「教えてあげましょうか」


彼は左手の中指で下がった眼鏡を上げた。


「皆川くんが休んでしまったからです」


「知ってます」

**********************

「ふたりだけになりましたね」

「それが何よ」

「僕は結構根に持つタイプなんですよ」

「だから?」

「何…する気?」

「知りたいですか?」



すべてはあの日の日直当番から始まった。

**********************

書き始めたのは10年以上前、私が高校生のときです。
休み休み書いてようやく完結しました。
お見苦しい文章や都合のいいストーリー展開もありますがご容赦ください。
未完の「日直当番」とは、ストーリーが若干(大分?)異なります。

2022.1.23

この作品のキーワード
日直  当番  眼鏡  メガネ  敬語  完璧主義  クール  ドキドキ  胸キュン