「とにかく、私は欲しくてこの子を引き取ったわけじゃないの。
しょうがなかったのよ!
だからっ──」



「分かりました。
もう、いいです。
ですが──」



佳斗くんは、強い眼差しで


「黄姫は、俺の家へ引っ越してもらいます」


そういい放った。