バンッ─!


えっ!?


私たちの机に手が振ってきた。



目の前には─。



「く、玖真くん…!?」



立花くんが、驚くような声をあげる。



っ、どうして佳斗くんが…ここにいるの?


しかも、なんか怒ってる?