「ごめん、もう教室戻るね…」


私はそっと、玖真くんの隣を横切り、ここから出ていった。



私、初めての恋だった─。


そして、初めての失恋─。



あぁ、本当に胸が痛いね。


ギューって、何かが押し込んでくる感じだよ…。