私は、涙を拭き取り、
保健室に向かう。



その時だった──。


「黄姫っ…!!!!」



…─え?




この透き通る声って……。



花怜だ…─。