あとから思えば、それは、ちょっとした出来心だった。

 予言師の予言は、外れることがない。望まない未来に悩みたくないのなら、予言なんて絶対聞いてはいけない。そんなの常識だ。

 追い詰められた人間が、ほんのひと握りの希望を求めて聞くものだ。予言なんて。

 ――――それなのに。

「お嬢さん。あなた、もうすぐ恋が訪れますよ。恋の予言は、いかがですか?」
「えっ?」

 ほんのちょっぴりのお酒と、淡い恋心が破れたせいで、エレナは少しばかり正常な判断が出来ていなかった。

 エレナの仕事は、受付嬢だ。ただのではない。魔術師ギルドの受付嬢。いわゆる女の子の憧れの職業だ。

 残念ながら、魔術師たちには、「エレナちゃんは、真面目だけが取り柄だからなあ」なんて、揶揄われることが多いエレナだから、魔がさしたとしか言いようがない。

 チラリと、銀髪と金の瞳をした凛々しい姿が脳裏に浮かぶ。
 密かに好きだったお方と王女との婚約が決まったという噂に、エレナはヤケになっていた。

「……お願いしようかな?」
「やっ、やめなよ?!」
「銀貨五枚で良いですよ」

 銀貨五枚と言えば、高級なレストランでそれなりに贅沢な食事ができるくらいの金額だ。
 ただ、魔術師ギルドで、世間一般では高給に入る部類のエレナにとって、懐が痛むほどの額ではない。

 そう、ちょっと特別感を感じる、絶妙な値段設定。あとから考えれば、それすらも巧妙だったと思わされる。

 丸いメガネの中に隠されたグレーの瞳。髪紐できっちりとまとめられた、くすんだ水色の髪のエレナに対し、淡いブラウンの髪に、ぱっちりとした緑の瞳が美しい同僚フィル。

「やめなよ……」

 どこか、心細げに、もう一度フィルが止めてきた。でも、その時にはすでに、対価は支払われてしまっていた。

 スタイルも良く、知識も豊富な一年先輩の彼女は、魔術師ギルドの人気ナンバーワン受付嬢で、なぜかエレナと仲良くしてくれている。

 魔術師ギルドの職員になるには、王国が定める難関試験に合格する必要がある。
 内容は、魔術に関することであれば多岐にわたる。そして、予言は魔術に分類される。

 つまり、予言師のことだって、一般人が知らないことまで、知っているのだ。

(まぁ、予言師なんて、ほとんどはニセモノで、本物に当たるなんて、砂漠でダイアモンドを拾うくらいの確率かもね?)

 魔術師ギルドに勤めているエレナですら、本物の予言師には、たった一回しか会ったことがない。

 それでも、その時は恋が訪れるという言葉に、好奇心が上回ってしまった。