それがより一層俺自身を興奮させる。
苺の言葉を遮るように、キスを何度も落とした。

柔らかい唇が離れる度に、苺からは甘い息が漏れる。



「い、ちとちゃ……もう」

「……無理」


俺の頭の中は、我慢出来ねぇ、早く入れてぇ。この思いでいっぱいだった。


慌ててズボンのベルトをカチャカチャと外そうとしたその時――。



"ブーブー"と携帯の振動する音が苺のポケットから伝わってくる。



「……」

「……」

「ゆっ、由香ちゃんかも」


苺は慌ててポケットから携帯電話を取り出した。