今のタイミングでかよ…。



「"今どまこにいるの?合流しよう"だって」

「い、苺、続きは…?」

「や、やっぱり駄目だよ!学校だし……」


さっきまで瞳がトロンとしていた苺だが、乱れた洋服を直し始めた。





マジありえねー。


……でも。
ま、そうだよな。
学校だし、仕方ない。
くそー苺の奴。後で覚悟しとけよ。


深呼吸をして乱れた俺自身をゆっくりとなだめ、リンゴ飴のついていた割り箸を手にした。