「涼くん」

大橋くんに呼び出された後に教室へ戻る途中、大好きな甘い声に名前を呼ばれて振り返ると、今日も周りに女の子たちに囲まれながら立っている彼がいた。

「今日、学校来てたんだ」

モデル業を始めてまだ半年、されど半年。

美貌と甘い声を持ち合わせた彼は、雑誌にテレビに引っ張りだこで、多忙を極めていた。

「うん、加恋に会いたくて」

こんな甘過ぎるセリフも彼に言われたら、思わずうっとりしてしまう。

「連絡してくれたら、よかった、のに」

不意に顔を近づけられたことに動揺し、しどろもどろ言う。

もう知り合ってーなんなら付き合い始めてー1年以上経つのに、いつになっても、彼のかっこよさには慣れない。

「そうだね」

そんな私の動揺して照れている様子に、彼はクスクス笑った。

「けど、連絡する暇があったら、加恋の顔を見たくて」

彼は私の頭を優しくなでてくれた。

「あ、あと、これ、おみやげ」

「今日も? いつもありがとう」

涼くんは、雑誌の撮影で女性モデルと一緒になることもたくさんある。

そしてそんなときは、必ずと言っていいほど、女性モデルが使っている化粧品―もちろん、まだ世には出ていない新発売のものや、高校生が自分ではとても買えないような高価なものとかもーを現場でもらってきて、こうしてプレゼントしてくれる。