前までならきっとこの変化を手放しで喜んでいた。

けれど正直今はー……なんとも思わなかった。

涼くんに冷めたわけじゃないと思う。別れたいってわけじゃないし。

涼くんは初恋だし、初彼だし、これからも付き合っていければいいなとは思うけれど……きっとこの涼くんの心配性は「今だけだろうな」って思うから。

きっとまたすぐに仕事に熱中して、置いてきぼりにされるんだろうなって思ってしまう。

「なんか最近、こんな話ばっかりしてるよな」

ごめん、と苦笑する涼くんに首を振る。

「帰ろうか」

「うん」

涼くんが差し出した手を、いつも通り握る。

けれどその手は、いつもと違って、すごく冷たかった。