私は、自分の机の上に置いてった鞄を持ち教室を去った。

教室を出た私は昇降口を目指して廊下を小走りで歩いていたその時………。


「「痛っ」」


私は誰かとぶつかってしまった。

その相手は私が俯いていたせいで誰かは分からなかったが、とても足がスラっとしており、声からして絶対にカッコいい人だと分かった。


「………ごっ、ごめんなさい………」


それだけ言って立ち去ろうとした時、


「お前、可愛いな」