「………そっ、それより、私用事があるんでお先に失礼しますね………」


「………あっ、待って………」


「………何で呼び止めるんですか?」


「モカ、さっきから鼻声だったし、目赤い。………モカが泣いてるとこ見たくない」


「さっきから、私の名前呼ばないで下さい………!」


「………ごっ、ごめん。気安く呼んでいいもんじゃなかったよな………」


「それなら、良いんですけど………。それより、失礼します………!」


そう言って私はその場を去った。

この出逢いが私の人生を狂わせていく事を、今の私にはまだ知らなかったのだった――。