「そういやぁ、モカ。後で話あるんだけど………」


「………話って?」


「俺の補習の件なんだけど………」


「分かった、じゃあまた放課後ね!」


「あっ!あとお願いあるんだけど………」


そう言って、私を呼び止めた神宮くん。


「………どうしたの、神宮くん?」


「俺の事、呼び捨てで呼んで?」


ほへ?

神宮くん、何を仰ってるんだ?


「………えっとぉ、何か気に食わない事でもありましたかね………?」


「気に食わないっていうか、俺『キリ』って呼ばれた方が落ち着くんだよね」


「だから、下の名前で、しかも呼び捨てで呼べと………」


「そう、ダメ………、かな?」


「ダメっていうか、そういうの慣れてなくて………、『キリくん』っていう呼び方なら大丈夫かもなんですけど………」


「じゃあ、それでも良いよ」


「最初は慣れないかもしれないですけど………、それで、お願いします………」


「じゃあ、また放課後ね」


「はい、放課後ですね、………キリくん」


「ばいばい、モカ………」


そう言って私はじんぐっ………、キリくんと別れた。