翌朝、先に目覚めたのは響だった。横を見るとスヤスヤと気持ち良さそうに眠る柚。ただ一緒に眠っただけだが、気持ちが満たされる。

 きっと、今年の新入社員が入社してからずっと倒れるまで、かなり我慢していたのだろう。もっと早くに気づいて動くべきだった。ただ今の所、会社で処分をする程の事を起こしていないのも現実だ。

 柚を悩ませる相手は、響にとっても敵だ。

 この安らかな眠りを守ってやりたい。

 響が柚を見ていると「う〜んっ」と色っぽい声と共に、可愛い目が開いた。

「えっ!響さん」

 片肘を付いて自分を見つめる響に驚く。

「柚、おはよう」

 朝から爽やかな響に柚は朝からドキドキが止まらない。しかも、今はベッドの上だ。

「お、おはよう。起こしてくれたら良かったのに〜」

 昨日よりかなり自然に馴染んでいる。

「気持ち良さそうに眠ってたし、俺が柚を見ていたかったから」

 サラッと甘い言葉を囁く。普段とのギャップにはまだまだ慣れない…