「最近、業績が低迷しているとは聞いていたが、まさかここまでするとは…」

「そうだね…」

 すっかりテンションが下がった二人は、食欲もなくなり、無口になってしまう。これ以上買い物を続ける気もしない。

「柚、どうする?」

「富士山も見れたし、今日は帰らない?」

「そうだな」

 初デートは、楽しくもあり苦い思い出が残る事となった…

 帰りの車もどうしても重い空気になってしまう。明日からは、また仕事だ。今日は、柚を自宅に送り届けるしかない。

「柚、夕食どうする?」

「う〜ん…」

 そんな話をしているタイミングで、柚のスマホが鳴った。

「あっ、楓だ。出てもいい?」

「もちろん」

「もしもし?」「うん。うん。まだだけど…えっ?ちょっと待ってね」そして響を見る、

「どうした?」

「楓がご飯作ってるから、響さんも一緒にどうかって」

「いいのか?」

「それは、こっちのセリフだよ」

「じゃあ、ぜひ」

 こうして、楓と響が対面する事になる。