そのくちづけは訳あって石像となっていた彼を目覚めさせしまう―――

あらすじ

家族に虐げられて暮らすルルティアナは英雄バルト・トレシーの姿を模した石像に話しかける時間だけが心の救い。
だがその幸せも、強制的な結婚話によって壊されようとしていた。
「はしたない私をお許しください」
せめてもの思い出に石像にくちづけるルルティアナ。初めての相手は、自分を支えた英雄であってほしかったと言う淡い願いからの行いだった。

目次

この作品のキーワード
異世界  恋愛  R15  短編  ヤンデレ  執着  メリバ