どうして出会ったの?

偶然か、必然か……。

こんな運命はいらない。

「フェリーネ」

あなたはもう戻ってこないのに、どうしてそんな甘くて切ない声で私を呼ぶの。

二度と会えないのなら、ひどい言葉で傷つけてほしかった。

そう思いながら涙が零れ落ちるのに、私はあなたを拒むことができない。

あなたの落とすその甘い口づけだけで生きていける。

そう思ってしまった私がきっと一番愚かなのだろう。