嫌な色の空が広がっている。真っ黒ではないが薄い靄と灰色が覆う窓の外を私はため息交じりに見上げた。こういう日はあまり空気が良くなく、大気が淀んでいるのだ。

「嫌な天気ね」

大きな鍋の中にこの屋敷の奥の森でとれたキノコを入れながら私はそれへと視線を戻す。すぐに色鮮やかになったキノコのスープにそっと隠し味を加えると、無色だったスープがおいしそうな黄金色へと変化した。

うん、おいしそう。
私はそう思いながら、塩と胡椒を振りかける。

ここは大国であるアルデール王国の片隅にあるレントオールという場所。
アルデール王国は絶対的な力を持った国王様、王妃様その間に二人の王子と一人の姫を筆頭に統治されている国だ。