「これ、去年の分と今年の分ね」

 ぽん、と手にのせられた箱を見て俺は一瞬反応に困ってしまった。

 かわいらしいラッピングはそれぞれ違っており、片方は赤い箱に緑のリボンが、もう片方は青い箱に紺色のリボンが付いている。

 今日が二月十四日だと考えると、渡されたものはチョコレートだとしか思えない。

「……俺に?」

 心臓が早鐘を打つ。咲良から生まれて初めてもらったチョコレートだ。一度目の結婚は契約関係だったのもあってもらえなかった。

「俺に……って、智秋以外の誰に渡すの? 楓花はまだ食べられないよ」

「いや、まあ……うん、それはわかってる。よくわかってる」