「むかしむかし。割れて、飲み口
だけのビンがありました。元は
貴重なシャンパンのビン で、
金持ちの婚約披露で開けられた
ビンでしたが、ビンは長い年月を
かけて、老女が飼う子猫の水飲み
ビンになります。老女は婚約
パーティーをした、金持ちの娘で 、今はつつましい余生を送り、時
折、昔 飲んだシャンパンを思い
出してビンを懐かしむのでした」

僕んは少し、遠ーい目ぇしつつ
美魔女の姑~、
カツコさんが
妻カレンに
絵本ば読み聞かせとったんを
口にすん。

「アマネ。何だそれは?
とうとう頭が沸いたのか?」

僕ん右隣で、
カットライムんば
ジンジャエールに飾り付ける
タモツが、嫌っそーな顔しよる。

「義母がなー、カレンさんお腹に
読んどる絵本なんやが?何か?」

えー、
不可逆的な全脳機能不全?で
ベッドん横たわる妻カレンの
お腹にな!

世間的にゆーたら
脳死した妻んお腹の子どもに、
一生懸命、
母親ば
絵本を読んどって、
それ見たらマジ泣ける案件なんぞ。

「へー、それって何の話
ですか?聞いたことがなくて」

タモツん隣でケーキば皿に
サーブしとんはキリヤマ。

お忘れかもやけど、
妻カレンと調理学校同んなし班や
ゆーて、住所を貸しとった
魔男間違いヤローな!!
そんで、
キリヤマにも妻カレンの状況は
話したん。
したら、即爆泣きされたぞな。
だから、魔男疑惑は許した!

「僕んも知らんかったやが、
アヒルとか、人魚とか?マッチ
とかの童ー話書いてる人ん絵本
やてー。知らんわなー?」

ちなみに僕んは、
ポテトを紙皿にサーブ中な。
僕んの左隣は、ユキヒコが
ハーフサンドイッチな用意しとー

「あのな!よくわからない、
この状況でさ?その童話の話は
あれか?トンチかアマネよ?」

とか文句いつつユキヒコは、
お客さんに
サンドイッチを渡しましたとさ。

「童話と云うものは、時として
啓発や戒めなんかもある。
そうゆう事だろう?アマネ?」

「さっすがっすなー。タモツ殿!
僕んさ、こん話聞いてよぉ
閃いたわけなんよ。」

今度は
お客様に頼まれ、
僕んはコーヒーを紙コップに
サーブする。
僕んらは何しとんのって?

『『いらっしゃいませー!!』』

普段はコールするホストん声ば
響くダンスホールに、
今日ん昼部に開催されるは
ホストクラブカフェなんだと!!
で、これがホストは
ボランティア。
セット料金はカフェメニュー
だけで、
やっとるゆー
リーズナブルんが驚く。

普段、夜クラブ知らん人らに
クラブホール装飾やら、
ホスト顔見せして交流って
アイディア神か!!
しかも
ジョー代表は、この間
ちゃっかりな

『情報の礼なら、きっちり体で
払ってくれればいいさ!また
連絡入れるから、その時に!』

ーって不穏な空気醸し出しまくり
言うてたんよ。
で、その時ーが今の時ーなわけ。

僕んらが駆り出されるんが
『戀』での昼の部カフェday!
いわゆる3部って
『戀』イベって攻めとるよ?

てか、ごぉら?!
ユキヒコに、タモツ?!
人ん箱でも挨拶しとせー!!

「いやぁ。良かったよ。丁度
人手が足りなくてね、今日は。
助かった、助かった☆♪」

もれなくジョー代表も無償なんね
このイベって、、

キリヤマん隣で
すんげー決め営スマイルで、
紙コップにコーヒー入れる
ジョー代表、、怖いわー。

「君たちって、本当に仲いいんだ
な。声かけたのは、タモツくん
だけなのにさ。助かるけど。」

「いえ、元はアマネの案件なので
筋は通して、適度に声をかけた
ら暇な奴らが付いてきただけで」

「最低ー!アマネよ!聞いたか?
アマネはいいけど、オレは
抵抗したんだぞ?!休みだろ!」

「本当にそれっすよ!だいたい、
ボクは全然関係ないっすよ!」

「えー?キリヤマっちさ、タモツ
んとこ入店したんぞな?な?」

「ジョーさん、こんな感じです」

「はは!仲いいのは良い事だ!」

『戀』で月1やるカフェdayって
夜部は完全姫ONLYなんを、
この日だけ、
メンズOK!オール全年齢welcome
らしいんな。
しかも、ダンス体験もある!!
さっすがバスツアーなっとる
『戀』は違うってよー。

やから、普段のダンスホールが
やおら夏フェスみたく
カオスなりーの、
ボランティアホストん写真、
撮りーのなんが、、

『あのー、こちらのスタッフさん
とは写真出来ないのですか?』

「ごめんなさいねー?ヘルプの
スタッフなんで御勘弁です
ー。それにぃ、こう見えて
この人達、おじさんなんです」

めちゃドデカマスクなんに、
男前度ダダ漏れんタモツやら
ユキヒコんとこに
ゲストが並ぶぞな!!

「てか!僕んがタモツとユキの
SP扱いって、どーよ?!が!」

僕んは丁重にゲストに
お引き取り願ってーの
ポテトを
おまけに勝手に渡しーの
しておくが、何か?!

「アマネ!誰がおじさんだよ!」

いつの間にユキヒコも、
サンドイッチ拝借してん?
って、金払っとんわ。ならくれ!

「闇にアマネくんってディスるん
だ?うちの店じゃ主力年だよ?」

あ、すいせーん。
ジョー代表、、怖いわー。

「それより、アマネの童話。
アレは何か引喩しているだろ?
そろそろ話をしてくれないか。」

「ボク全然関係ないっすー。」

はい!キリヤマ関係なくないのー
カレンと秘密共有しとる
お前さんも、もれなくなのー。

「そうなんよ!僕んらさ、
シャンパンのビンでしかな、
形を覚えてへんのんな?なんで
やゆーたら、ビンが口だけの形
ばなっとるからのよ。目ぇが
変わってメイクが違うん。」

僕んはマスクば外して、
口を出しての、目をマスクば
隠して見せる。

「えー、それって整形してるって
ことだよな?誰がだよ?」

「この間の話だね?なら、
『タチバナ・リンコ』だよね。」

ジョー代表も食い付いてきよん!

「ジョー代表!そーでーす。で、
ユキ『ヤシロ女史』なんよ!
タモツも知っるはずぞな!」

すかさず、僕んは
ユキヒコとタモツにビシッと
指を差して犯人はお前だポーズ!

「誰なんだ?『ヤシロ』って?」

あ、タモツは僕んとチッス画像が
どこん女とか知らんかった。

「『カガリちゃん』だがな!
タモツん元姫の!何年か前に
担当だった、口ホクロの姫!」

「「『カガリ』!!」」

はい!ユキヒコとタモツん叫びと
訳わからん顔のキリヤマな!
は、置いといて!

「で、ジョーさん!!」

次のターンで、ジョー代表へ
ダメージ攻撃すんよ!

「『タチバナ・リンコ』は今客姫
の『イマガワ様』に間違いなし」

ま、僕んが接待で連れたんがな。

「おい、おい、真面かい、、」

ジョー代表のひきつる顔に、
ユキヒコとタモツも灰になる程ん
唖然(;゚Д゚)顔。
キリヤマは、やっぱり訳が
解らんって表情で、
手元んケーキを食べよるん。


『カレンが子どもの時にも読ん
であげたわ、、、もし、
カレンなら、きっと読んで
あげてたと思うのよ。だから、
カレンが出来ないなら、、
かわりに読んであげないとね。』

カツコさんが、妻カレンと似た
顔で笑って
絵本を僕に見せた後、

僕は
あの日に起きた事を
義理義理家族に話した。

僕らの前で、
まるでフラッシュモブでも
始まったみたく、
ボランティアホストに声を掛けて
慣れた調子で
ダンスを始める姫達。

それを見て、飛び込みで
ダンスをするメンズやらや、
全年齢welcomeで、
ホールはくるくる回る人達で

カラフルな
大きな渦を作ってく。
あの日起きた出来事を
巻き込みつつ。