15歳のまだ子どもだった私を励まし続けてくれた家庭教師の「千隼先生」。


私は密かに先生に「憧れ」ていた。


でもこれは、恋心じゃなくただの「憧れ」。


そう思って生きてきたのに、10年の月日が過ぎ去って25歳になった私は、再び「千隼先生」に出会ってしまった。


久しぶりに会った先生は、男性なのにとんでもなく美しい顔立ちで、ありえない程の大人の魅力と色気をまとってた。


まるで人気モデルのような文句のつけようもないスタイルで、その姿は周りを魅了して止まない。


しかも、高級ホテルなどを世界展開する日本有数の大企業「晴月グループ」の御曹司だったなんて…


ウエディングプランナーとして働く私と、一緒に仕事をしている仲間達との関係、そして、家族の絆…


様々な人間関係の中で進んでいく新しい展開は、毎日何が起こってるのかわからないくらい目まぐるしくて。


『僕達の再会は…本当の奇跡だ。里桜ちゃんとの出会いを僕は大切にしたいと思ってる』


「憧れ」のままの存在だったはずの先生との再会。


気づけば「千隼先生」に偽装恋愛の相手を頼まれて…


ねえ、この出会いに何か意味はあるの?


本当に…「奇跡」なの?


それとも…


晴月グループ
LUNA BLUホテル東京ベイ 経営企画部長
晴月 千隼(はづき ちはや) 30歳
×
LUNA BLUホテル東京ベイ
ウエディングプランナー
優木 里桜(ゆうき りお) 25歳


うららかな春の到来と共に、今、2人の止まった時間がキラキラと鮮やかに動き出す。

この作品のキーワード
大人の恋  ホテル王  再会  偽装恋愛  イケメン  結婚式  御曹司  ハッピーエンド  溺愛  嫉妬