それは“自分”を生きれない子供に
振り分けられる、憐れな役割分担。



1人は、“クラウン”。
ピエロ、道化師、君はみんなの「マスコット」。


1人は、“ロストワン”。
孤独、迷子、すなわちそれは「居ない子」。


1人は、“プラケーター”。
励まし、慰め、それはまるで「カウンセラー」。



この他にもあと3つあるという。








「笑いたいときに笑って、
泣きたいなら泣く。
お前がすることはそれだけだって言ってんの」




親の顔色ばかりを伺って
生きてきた私たちは。

それすらもさせてもらえなかった───。


この物語の主人公は、3人の高校生。




息を吐くように嘘をつく僕たちは。




この作品のキーワード
高校生  家族  トラウマ  過去  切ない  感動