“おはよ音無。今日すげーいい天気って知ってた?”


“音無、おまえが好きって言ってたキャンディスモーカーズ?だっけ?今日のお笑い特番に出るらしいよ”


“音無が教えてくれたアプリ入れて初回ガチャ引いたけど、星1しか出なかった。どーなってんのこれ”



こうして毎日のように名前を入れる。

音無という存在はちゃんとあるってことを証明するために。

おまえが俺にしてくれたように。


今日も俺はどんな話をしようかと、会って話せないぶん文字として打つ。

たとえ返信が無かったとしても。



「今日も休みだって。なんかコロコロ性格変わってたし、精神やられたんじゃない?」


「だね。このままだと不登校確定じゃん」



音無 あすかが教室に姿を現さなくなって7日目。


それまで仲良くしていた女たちは嘲笑うように静かな席を見つめ、優しさの欠片もない言葉を送る。

姿がある日も無い日もそれしか言えない奴らなのかと、腹立たしい気持ちを抑えた。



「安達くん、これ…音無さんの数学のノート、」


「わ、すご。びっしり書かれてる」


「次の英語もわたしがやろっか…?」


「大丈夫。ありがと里見さん」