――――長いものには巻かれろ――――

 これは異世界転生を果たした私の信条である。

 風にそよぐ緩やかなウェーブの桃色の髪に、日に当たると空色となるが、普段は落ち着いた藍色の瞳を持つ私、リアリム・ミンストンは今日もイザベラ・スコット公爵令嬢の招きを受けて、お茶会に参加している。

 正直、つまらないけれど、私には大切な役目がある。

「イザベラ様、今日も輝くような金色の髪が、とても麗しいですわ。ドレスもドレープがたっぷりで、素晴らしいです。ほんと、美しすぎてため息しか出ないですわ」

「ほほ、リアリムさんも、我が家でのお茶会を楽しんでくださいね」

ほっ、良かった。今日は名前を呼んでいただけたわ。機嫌が悪いと、まるっきり無視されるからな~

 にっこりと微笑むイザベラ様に、私もにっこりと微笑みを返しながら、今日も作り笑いを顔に張り付ける。

 スコット公爵家のお茶会に招かれなくなったら、社交界では生きていけない。社交界で生きていけないと、優良結婚相手と出会えない。というのが、今年18歳となった私の現実である。

 特に今日は、殿方も来られる昼間のお茶会だ。伯爵家のことを考えると、やはり優良物件の独身男性貴族と出会う必要がある。今日も頑張らねば。

 といっても、今日もイザベラ様のご機嫌伺いかな?