亡き親友の5歳になる息子を引き取り共に暮らしている秋山 琴子には、
不安があった。
彼の父親が明らかになっていなかったからだ。
いつか父親が現れて彼を連れていきたいと告げられたら、
自分にはそれを拒否する資格はない……
そう考えては、そんな日が訪れないことを祈るしかなかった。

父親が現れるまでの ”期間限定” だったとしても、
彼と生きていくという琴子の覚悟は相当なもので、
自身は結婚も恋愛もしないと心に決めたほどだったのだ。
しかし、二人で訪れたテーマパークでダンサーの北浦 蓮と出会い、
どんどん彼が琴子の心に入り込んできて。

そして彼もまた、ある ”リミット” を抱えていた……






この作品は他サイトにも掲載しています。





この作品のキーワード
溺愛  秘密  過去    約束  結婚  元恋人  挫折  テーマパーク  失恋