立花 朔(たちばな はじめ)28歳
花見帰りの浮かれた気分で公園一人飲みをしようとしたら、イイ男発見! 実は彼は月の精で、朔に会いに来たという。

以来、月に一回の公園飲みが続くけれど、そんな朔に交際を申し込む人が現れて……。
現実世界での幸せと、ファンタジー世界の幸せ、どっちを取る?

「お前に印を付けた。また私と会いたくなったら、それを見つけろ。見つけたら、私の名を呼んでくれ」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちょっとくたびれ気味のOLと、ファンタジー世界の住人である月の精との、ほのぼの恋愛譚。




この作品のキーワード
ゆるふわファンタジー  少し不思議のSF  花見酒  公園飲み  ハッピーエンド  甘々  コンビニおつまみ  OL  異世界恋愛  月世界