「泰生っ……苦しい……」

 恵那が息を切らしながら言うと、泰生ははっと我に返り体を離すと、その場にへたり込む恵那の体を抱きしめた。

「悪い……つい……」
「大丈夫……タオルくれる? あとベッドまで運んで。疲れた」
「わかった……」

 泰生はバスローブを着ると、恵那にも同じように着せる。タオルで恵那の髪を撫で、それからベッドまで行くと彼女をそっと寝かせた。

 そしてすぐに背を向けてその場を離れようとしたため、恵那は泰生のバスローブを引っ張って引き止めた。

「どうしてすぐにいなくなろうとするの?」

 泰生の背中がわずかに震える。

「あの日もそうよ……私の顔も見ないでいなくなった……」

 恵那の言葉を聞いても微動だにせず、ただ立ち尽くしている。

「……合わせる顔がなかったんだ……」
「えっ……」
「恵那が眠っているのに……俺は自分の中の怒りと欲望に任せてお前を抱いたんだ……」

 ようやく話し始めた泰生は、恵那に背を向けたままベッドに座り込んだ。その背中があまりにも悲しみを帯びていたから、恵那はたまらなくなって抱きしめる。

「ねぇ、怒りって何? あの日何があったの?」

 暫くの沈黙の後、泰生は両手で顔を覆い下を向いた。