深町 灯(フカマチ アカリ)25歳。スナック菓子メーカー営業事務。自他共に認める地味子。
×
和泉 恭加(イズミ キョウカ)39歳。化粧品メーカー"spRING"(スプリング)副社長。イケオジ。



地味で真面目なことだけが取り柄の私が、


「……僕ね、好きなんだ」


ひょんなことから毎週水曜日、ランチを共にすることになったイケオジから突然告白された。


「………は⁉︎」


「あはは、慌ててる、焦ってる。そんな灯ちゃんも新鮮で可愛いね」


冗談か、はたまた和泉さんは実は結婚詐欺師で、私はそのカモにでもされるのだろうかと思いきやどうやらそうじゃないようで………。



「灯ちゃん。返事は弁えているつもりだよ。でもここで断られて終わらせるつもりはないんだ。まずは僕に3ヶ月、チャンスをくれないかな?」


……どうせ、3ヶ月も待たずに愛想を尽かされるだろうと思っていたのに。



「ははっ、ごめんね、意地悪で。でも逃すつもりはないんだ」


「そのままの灯ちゃんで充分魅力的だけど、僕のために変わろうとしてくれていることが堪らなく嬉しい」



紳士だと思っていたイケオジは、意外と強引で策士で時々甘くて。


そんな彼にだんだん絆され溶かされていくーーーー。



これは偶然の相席から始まった、地味子とイケオジの攻防戦。


この作品のキーワード
地味子  副社長  溺愛  年の差  大人の恋  シンデレラストーリー  イケオジ  隠れ肉食