――目を開けたら知らない男の顔が見えた。

……ああ、これはやっちまったパターンか。

なんとなく納得し、もそもそと寝返りを打って再び目を閉じる。
昨日は、悪いお酒だったもんなー。
仕事押しつけられたうえに、評価は横取りされて。
あんな会社、いい加減辞めたい。
相手は目を覚ます気配がないし私も二度寝しようとしたものの、ありえないものを見た気がして思わず起き上がっていた。

「ツノ!?」

「うるさい……」

私の声に反応した男がそのツノが邪魔にならないようにか、角度を変えてまた枕に顔をうずめる。

「ええっと……」

酔った勢いで男を連れ込み、一夜の過ちを犯したまではいい。
……いや、よくないが。
しかしそこまではそこそこありがちな展開なので、まだ理解できる。
問題は彼の頭に生えているあの――ツノだ。

「本物……?」

起こさないようにそーっと、それに触ってみる。
きっと、コスプレの作り物だと思う。
けれど、いくら揺らしたところで外れる気配がない。

「えっ、ちょっ、なんで!?」

次第にどうにかして取ってやろうと躍起になっていた。

「痛いんだけど」