世間一般的に言われる私たちの〝愛の巣“は、モダンな黒と白のインテリアで統一されている。
昼食後、彼がいれてくれた紅茶を前に、ダイニングテーブルに向かい合って座っていた。
もうすぐ四月になり温かくなってきて、大きな窓ガラスから暖かな日差しが差し込んでいる。

こんな休日は昼寝をするのにはもってこいだな。そんなことを思いながら、入れてくれたアールグレイに口をつけつつ、目の前の彼に視線を向けた。

「明日で約束の一年だ。離婚しよう」

私に向けた真面目な瞳を見た時、この話だろうと想像はついていた。

だから、私の返事は決まっていた。

「そうだね」

静かに同意して感謝を込めて目の前の人を見つめる。仕事の時はきちんとと整えられている髪が、休日の今日はサラサラとしている。
こうしていると今年三十歳になるとは思えないほど若く見える。
堂前尋人(ドウマエヒロト)。私の一年だけの夫だ。