あの時みんなで旅行を行こうと言い出したのは誰だっけ?

遠い記憶を呼び起こしてみると、それは尋人だったと思う。

二年半前

『なあ、取引先のお偉いさんが誘ってくれたんだ。行かないか?』
定時後、会社のエントランス佐和子と歩いていると、珍しく帰りが一緒になったようで尋人が声をかけてきた。
そのまま、いつもの流れで近くの行きつけの居酒屋になだれ込む。
ビールを頼んで一息つくと、尋人がさっきの話をし始めた。
『これって今はやりのグランピング施設じゃない?』
さすが流行に敏感な佐和子。感心しつつ尋人の見せたスマホを私も覗き込む。そこには確かにおしゃれなグランピング施設が映し出されていた。
森の緑の中に燃えるオレンジの炎、その横にはウッドデッキにチェア。”非現実的な大人な空間”そう書かれている文字に私もとても惹かれた。