「じゃあ、莉杏。留守にするけど気をつけろよ」

「うん。大丈夫だよ、紘雅組に行くし組員さんもいるから安全だよ」


 プロポーズから数週間後、琉唯さんはお仕事で出張に行く日。

 あの日からスキンシップも増えて、毎日仲良く過ごしていたのに今日から数ヶ月はいないなんて寂しいなぁ……


「あーあとは、そうだな。寂しくても浮気はするなよ」

「しないよ! 寂しいけど、そんなことするわけないでしょ」

「そうか」


 琉唯さんはそう言うと私を抱きしめて「離したくねーな」とぎゅっと強く抱きしめる。