*3月初旬、深夜*


「……あっ」
 彼がわたしのなかに入ってきたとき、キツく結んでいた唇が解けた。
「声……聞かせてよ」
 吐息まじりの淫らな声で呟かれ、身体に震えが走る。

 都内のラグジュアリーホテルの一室。
 カーテンを閉める間もなく、彼に組み敷かれて……
 
 欲望を(はら)んだ視線から逃れるため、わたしは顔をそむけた。
 目に入ってきたのは、非現実的なほど巨大な、赤く光る東京タワー。

 彼はわたしの顎に指を添え、自分のほうに向けた。
「こっち向いて……感じてる顔見せて……」
 切なげに眉を寄せた島内(しまうち)さんの顔は、普段とまるで別人。

 前髪が乱れて額にかかっているところも。
 その隙間から覗く瞳が、欲情で潤んでいるところも。
 ひとつだけ変わらないのは、見惚れてしまうほど精悍で整ったその容貌。