〈2年後〉

 2年前の合宿で孝之が言っていた通り、昨年行われたフットサルのワールドカップの日本代表に瀧正人が加入した。

 ケガから復帰したばかりとはいえ、Jリーグで1、2を争うストライカーの加入は、予想どおり、世間のフットサルへの注目を高めた。

 そして、瀧選手も期待に応える活躍を見せた。

 組み合わせの幸運もあって、日本代表は初めて準決勝まで進むことができた。

 3位決定戦では強豪アルゼンチンに圧倒されて負けたけれど、代表の雄姿は毎日、テレビやネットをにぎやかし、すっかり下火になっていたフットサル人気に再び火をつけた。

 アズーリ東京のフットサルチームとわたしたちの会社のブランド《レゼル》の提携話は初動が早かったこともあって、独占契約という形で身を結んだ。

「よくやってくれたよ、島内。社長からボーナス弾むって言われてるぞ」

「それは気が早いですね。まだ、売り上げに繋がるかもはっきりしないのに」

そう答えながらも、亮介さんも嬉しさを隠しきれない様子だった。