タクシーのついた先は芝公園にあるラグジュアリーホテルだった。
「ここのラウンジから眺める東京タワー、すごくてね。酒も料理もいけるし」

 東京タワー……
 よりによって、一番の思い出の場所に来ることになるなんて……

 やっぱり、来たのは間違いだった。
 そう思ったけど、もう遅い。

 そのラウンジは最上階にあった。
 間接照明の仄暗い空間のなか、テーブルに置かれたロウソクの炎がかすかに揺らめいている。
 静かに流れるメロウでジャジーな音楽がよく似合っていて……
 こんな店に来るのは初めてで、気後れを感じる。

 一方の島内さんは慣れた様子。
 この店にぴったりの大人の雰囲気を漂わせている。
 わたしとひとつしか年が違わないのに。

 この人、いったい今まで、何人の女性をここに連れてきたんだろう。
 
 彼の整った横顔を盗み見ながら、そんなことを思ってしまう。