休み明けの火曜日、出社してすぐ、水野課長の席まで行った。

「昨日はお休みをいただきありがとうございました。何かありましたか?」
「特に問題なかったわよ。連絡事項は社内メールをチェックしておいて」
「はい。わかりました」
 
 会釈して席にもどろうとしたとき……
「ずいぶんすっきりした顔になったね。何かいいことあった?」
 水野課長はにやりと笑って言った。 
「ひさしぶりに彼氏と睦まじく過ごせたってとこかな?」

 彼氏と睦まじくって……

 とたんに金曜日の夜の記憶が脳裏に浮かぶ。

 ――こっち、向いて……感じてる顔、見せて……

 わっ、出てこないで。
 動揺が顔に出ないように、わたしは必死で心を静めた。