〈side Natsuki〉

「なあ、姉ちゃん、頼むよ」

 4月の最後の週末、法事があり実家に帰った。
 東京から電車で1時間半ほどのところだ。
 昨年、東京で就職した弟の孝之も帰ってきていた。

 夕食後、居間でテレビを観ていると、孝之はわたしの隣に腰を下ろした。

「マネージャーがふたり同時にやめちゃって、今危機なんだよ。次が見つかるまででいいから、やってくんない?」

 弟とは4つ違い。
 彼は小学生のころからサッカーをしていて、今も大学時代の友人とフットサルをやっている。

 弱小チームで、まだ一勝もしたことがないらしい。
 にもかかわらず、身の程知らずの弟は、将来、全日本選手権に出場したいと本気で思っているらしい。
 それで週に2日、都内の練習場を借りて熱心に活動していた。