「でも、高校でも大学でも運動部のマネージャー経験なんてないし」
「そんな難しく考えなくてもいいって。亜衣がいるんだし。彼女の言う通りに動けばいいだけだから」

 ちなみに亜衣ちゃんは孝之の彼女。
 高校のころからサッカー部のマネージャーだったのでマネ歴は長い。

 弱小、とはいえメンバーは15人ほどいる。
 いくらベテランの亜衣ちゃんでも、ひとりでは大変だろう。

「わかった。じゃあ、とりあえず今度、見学しに行くよ」
「やった! さすがはお姉様。お優しい」
 といいながら、わたしの後ろに回って肩を揉んでくる。

「くすぐったいよ、もう」