「わっ…びっくりした…」

話している紫乃の後ろから腕を回しぎゅっと抱きしめると、驚いた紫乃がスマホを落としそうになる。それを一緒に持ち

「真麻、ホストクラブはダメだ」
‘出た…ミジンコ壱くんて呼ぶよ?’
「何とでも呼べ。でもホストクラブはダメ」
‘社会経験よ’
「しなくていい経験もある」
‘何事も経験よ。紫乃ちゃんも行ってみたいでしょ?’

悪魔の誘いを聞く。

「うーん…行きたいって思ったことはない…」

だろ?

「けど…」

はっ?けど?

「まこちゃんのお店ということに興味はあるかな…真麻ちゃんは行ったことあるの?」
‘あるよ’
「行って何をするの?お酒を飲むんだよね?」
‘そう。いつもと違う装いで出かけるのも、たまにはいいよ’
「いつもよりお洒落するってこと?」

紫乃…お洒落したけりゃ買ってやるっていつも言ってるだろ?

‘イブニングドレスを着て、髪もセットしてもらって出かけようよ、紫乃ちゃん’